centOS6.5 epel追加時

rpm -Uvh epel-releaseパッケージのURL
でepel追加後、
yum repolistで確認した際にepelが表示されない際の対処

/etc/yum.repos.d/epel.repo を編集する。

[epel]

# 常時利用、基本リポジトリと同様に利用
enabled=1
priority=1

# 常時利用、基本リポジトリになければ利用
enabled=1
priority=2

# 一時利用
enabled=0

CentOS6.5 ターミナルからのSSH接続問題対策

mac book air 2013内のVirtual Box へCentOS6.5を導入。

mac book air 2013からCentOS6.5へiTermを用いてSSH接続した際に問題が

発生した。

以下のようなError文

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@ WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED! @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
It is also possible that the RSA host key has just been changed.
The fingerprint for the RSA key sent by the remote host is
xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx.
Please contact your system administrator.
……..

———————————————————————————————————–

[対応策]

$ cd ~/.ssh

$ ls -al

# known_hostsファイルが表示されるはず。このファイルを削除する。

$ rm known_hosts

CentOS6.5 vi文字化け対策

mac book air 2013のVirtual BoxへCentOS6.5を入れた際に発生した問題。

ホストOSからiTermでssh接続時、viを使用中に日本語入力を行ったところ、入力を行うと文字化けが発生した。

サーバ側(CentOS6.5)で使用しているviのcharsetがEuc-JPになっていることが問題のようだ。

サーバへログイン後、ホームディレクトリに.vimrcを設置し、以下のように編集を行った。

set encoding=utf-8
set fileencodings=iso-2022-jp,euc-jp,sjis,utf8