* k-megane music
音楽情報サイト
♪ホーム
♪CD発売情報
♪ランキング
♪投票
♪その他音楽情報
♪リンク
♪掲示板
ホームランキング>スピッツ シングル売上ランキング

♪スピッツ シングル売上ランキング

♪2013年05月12日(日)更新
今週は、5月15日に約2年8ヶ月ぶりのニューシングル「さらさら/僕はきっと旅に出る」をリリースする スピッツのシングル(「ヒバリのこころ」〜「シロクマ/ビギナー」の全37シングル)売上ランキングを紹介する

♪〜2013/05/13付(オリコン調べ)
順位 タイトル 最高位 累計売上
(万枚)
発売日
1 ロビンソン 4 162.4 95.04.05
2 チェリー 1 161.3 96.04.10
3 空も飛べるはず 1 148.0 94.04.25
4 涙がキラリ☆ 2 98.1 95.07.07
5 1 83.9 96.09.09
6 スカーレット 1 60.0 97.01.29
7 夢じゃない 6 33.9 97.04.23
8 遥か 3 31.7 01.05.16
9 運命の人 3 28.7 97.11.27
10 スターゲイザー 1 24.0 04.01.21

♪コメント
全体的にみるとやはり90年代の楽曲が多い。ミリオンヒットシングルは3作品あり、 いづれも世間にだいぶ浸透したといえる曲であろう。1位になったのは「ロビンソン」 だった。この作品の驚くところは最高位が4位であることであろう。最高4位ではあったが 長い間チャートにランクインし続け、ミリオンヒットとなった。 また、2013年現在、最高4位以下のシングルでは歴代1位の売上となっている作品でもある。 この記録は破られないだろう。2位にランクインしたのは「チェリー」だった。 売上は1位の「ロビンソン」とはさほど変わらない。この作品も最高位1位とあるが、 1位を獲得したのは発売から4週たってからである。3位にランクインしたのは 「空も飛べるはず」だった。この作品の売れ方も特殊である。発売したのは 1位の「ロビンソン」よりも先だが、ミリオンを達成したのは「ロビンソン」よりも後である。 発売当初はオリコン最高28位で売上も5万枚どまりだったそうだ。しかし、1996年にドラマ「白線流し」 の主題歌に起用され、初のオリコン1位を獲得。そこからロングヒットとなりミリオン達成となった。 このように、スピッツの上位3作品はすべて特殊なチャートアクションを起こしていた。 ちなみに、初めて初登場で1位を獲得したのは5位の「渚」である。 また、90年代に売れていたイメージの強いスピッツだが、2000年代にもいくつかのヒット曲を飛ばしている。 10位の「スターゲイザー」はバラエティー番組「あいのり」の主題歌に起用され、彼らが最後に1位をとってから 7年の時を経て1位を獲得した作品でもある。長々とコメントしたが以上がスピッツの売上ランキングについてである。

Copyright (C) 2013 k-megane music. All Rights Reserved.